営業時間:9:00~18:00 定休日:土日・祝祭日

埼玉県さいたま市浦和を拠点に、中小企業の財務コンサルティングに力を入れている税理士事務所です

初回無料相談はフリーダイヤルで

TEL 0120-814-350

コラム

コラム

コラム

2020.03.30
融資を申し込む順番を税理士が教えます①~銀行のビジネスモデル

さいたま市浦和の税理士法人新日本経営は新日本経営コンサルティンググループが運営しています。

 

新型コロナウイルス感染症拡大による中小企業への影響を日に日に感じられるようになり、当社税理士事務所にも顧問先から毎日のように融資についてご連絡ご相談を頂いています。

 

新型コロナウイルス感染症影響による融資について

新型コロナウイルス感染症の影響、あるいは影響を受ける見込みのある事業主や会社が融資を受ける場合、どちらの銀行からどんな種類の融資を受けた方が良いか・・・?などの質問に対して当社税理士事務所では、顧問先にどのようなアドバイスを行っているかお話しします。

 

そもそも銀行というのはどのようなビジネスモデルで、融資をおこなっているのかを確認する必要もあります。

 

「銀行は雨の日は傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」

以前ヒットした「半沢直樹」のドラマの中にあったセリフのひとつです。これは企業と銀行の関係を天気をイメージして表した言葉です。

 

銀行のビジネスモデルは、業績が良い会社に日傘(前向きの融資)を貸すことによって成り立っています。ですので、基本的には、通常時は、雨傘(後ろ向きの融資)は貸してくれません。また、創業したての会社や小規模の会社、そして業績が曇りや小雨の会社の場合にも、銀行は日傘を貸してくれず、別のレインコート(保証協会付きの融資)を勧めます。

 


緊急時はどうでしょうか?基本的には、金融機関の方針は変わらないので、金融機関の窓口に行って「資金繰りがきついので融資をして下さい」と、言うのは禁句です。

※金融機関とは「メガバンク+地銀+信用金庫」(日本政策金融公庫は除く)

 

具体的には、業績の良い会社は、緊急融資ではなく、通常のプロパー融資の相談をして下さい。その時は、試算表と今後の見込計画が必要です。

 

では、業績が悪い会社の借入又は資金調達の順番はどうしたら良いのでしょうか。次回コラムにてお伝えします。

続きはこちら ▶▶▶ 【融資を申し込む順番を税理士が教えます②】

 

 

新型コロナウイルス緊急融資やその他融資・資金繰りについてはこちらをご確認ください ▶▶▶ 【カテゴリー:融資・資金繰り】

 

 

新日本経営コンサルティンググループ(税理士法人新日本経営)は、さいたま市を拠点とした地域密着型の中小企業の経営コンサルティングに力を入れています。

試算表の作成から決算申告の税務顧問サービスや融資、財務コンサルティングのご相談なども承っております。