営業時間:9:00~18:00 定休日:土日・祝祭日

埼玉県さいたま市浦和を拠点に、中小企業の財務コンサルティングに力を入れている税理士事務所です

初回無料相談はフリーダイヤルで

TEL 0120-814-350

コラム

コラム

コラム

2020.03.16
「日本政策金融公庫」新型コロナウイルス感染症特別貸付について

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症関連の融資についてご案内します。

※2020年3月16日現在の情報となりますので、動向や状況により変わることをご了承いただき、新しい情報に注意してください。

 

こちらの記事もあわせてご参照ください ▶▶▶ 「日本政策金融公庫」新型コロナウイスルの事業者向け緊急融資

 

日本政策金融公庫のコロナ関連融資

新型コロナウイルスに感染拡大に対して政府の緊急対応策の発表がありました。その中の一つに中小企業の資金繰りを支援する実質的に無利子・無担保で融資を受けられる新たな制度があります。

 

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」です。

この融資は3月17日から日本政策金融公庫で始まる予定です。

 

ご利用いただける方は、前年同月の売上高が前年より5%以上減少した中小企業やフリーランスを含む個人事業主が対象です。そして、融資実行後3年間の金利が0%台で融資を受けられます。

 

さらに「特別利子補給制度」として、前年同月の売上が前年より15%から20%減少するなど、より厳しい経営状況の企業には、利子に当たる金額を国が補填「利子補給」をするようにする制度も公表しています。ただ、具体的な手続き等については正式に公表はされていません。

 

この「新型コロナウイルス感染症特別貸付」および「特別利子補給制度」は、第1弾対応策の時に日本政策金融公庫のなどから緊急の貸し付けを受けている企業も、本年の1月29日の申請分までさかのぼり新たな制度の対象となるようです。

 

まとめ

日本における新型コロナウイルの感染者数は、「ほかの国より少ないレベルに抑えられている」と安倍首相は会見でお話しました。感染者数の増加率は抑えられても、中小企業に限らず事業の悪化を食い止めるのは社長個人の努力、社員の努力ではどうにもできないレベルまで来ている企業もいます。

中小企業・個人事業主の皆様は、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付という公的な融資を利用し、会社の危機を乗り越えましょう。

 

※3月19日時点で経済産業省が発表した支援策をまとめました ▶ 【こちら】

 

新型コロナウイルス緊急融資やその他融資・資金繰りについての情報掲載しております。

こちらもご参照ください ▶▶▶ 【カテゴリー:融資・資金繰り】

 

コロナウイルス感染症の影響で事業の資金繰りが心配な方へ

税理士法人新日本経営は、顧問先の黒字経営に徹底的にこだわっています。
そのため、中小企業の7割以上が赤字といわれるなか、当事務所の顧問先の約8割が黒字経営を実現しています。
その秘訣は、「経理と経営戦略の見える化」の仕組みづくりにあります。


✔︎ コロナウイルスの緊急融資・給付金に関して税理士から案内がない、、
✔︎ コロナウイルス騒動で資金繰りが心配、、
✔︎ 今の税務顧問サービスではサポートが不十分、、

 

このようなお悩みを抱えている経営者の方は、当事務所の税務顧問サービスをご検討ください。

無料でご相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

 

■お問い合わせはこちらから ▶️【お問い合わせフォーム】