新日本経営コンサルティンググループ   埼玉県さいたま市 御社の管理部門を改善するための総合的なサポートを!

ブックマーク <%topentry_title>をはてなブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ!

セカンド・オピニオン相談

  医療の現場では既に常識になっているようですが、
  「セカンド・オピニオン」=「第2の意見」とは、 病状や治療法について、
  自分の担当医以外の医師の意見を聞き、参考にすることをいいます。

  税務面においても、もう一人の税理士の意見を聞き最善の方法を見つける。
  これから会社を盛り上げていきたい、あるいは立て直して行きたいといった
  経営者は取り入れるべき制度であると考えるでしょう。

  顧問税理士がいる方でも「顧問の先生には相談し難い」
  とか「少し別分野の相談をしたい」あるいは、「より最適な解答を自分で選択したい」など、
  近年このサービスをご利用になるお客様は増えています。

  特に資金調達における相談相手として、
  事業再生に関するご相談等、企業経営にとっては深刻な問題が多く寄せられます。

  セカンドオピニオン制度をご利用したとしても、現在の顧問税理士を変える必要はありません。
  私たちの目的は「お客様の目指す目的の為に最善の提案をしていく事」です。

  このセカンドオピニオン制度は大規模法人、中規模法人だけでなく、
  小規模法人や個人の財産評価、相続対策等にもお役立てください。

このようなお悩みのある方はご相談ください

  顧問税理士に、会社についていろいろアドバイスをもらったが、
  選択肢が多くてどうしたらいいか悩んでいる。

  顧問税理士に言いづらいことを、事前に相談してみたい。

  本業は既に顧問税理士がいるので、オーナーの立場で考えてくれる税理士の意見が聞きたい。

  世代が近く価値観に共鳴してくれる相談者がほしいとき。

  プライベートな個人資産・交友等については知られたくないとき。 専門用語が多くて理解できないとき。

  説明が頼りない。

  わかりやすく教えてほしい。

  どのように顧問税理士に話せばいいか、教えてほしい。

  顧問税理士が忙しく、質問の回答が遅いので、すぐ意見を聞きたい。

  法人税や相続税の税務調査を受けたが、納得いかないとき。

  もっと他の改善策はないかと考えている。 節税の相談にのってほしい。

  正しく出来ているか決算書をチェックしてほしい。

  先代からの顧問税理士なので高齢である。

  同世代の税理士の意見を聞きたい。

  先代からお付き合いのある税理士は高齢なので、話が合わなくて、相談しにくい。

  将来的に税理士は変えたいが、自社に合った税理士かどうかお試し期間を設けてから契約したい。

  関連会社を含めて、総合的に意見が聞いてみたい。

  決算は顧問税理士だが、相続の質問のみ意見を聞きたい。

  顧問税理士が資産税の分野に精通していない。

  相続について経験が少なそうなので、事業承継の面で不安。

  相続や事業承継が発生した場合やその対策を打ちたい。

  ホールディングカンパニーについて考えたい。

セカンドオピニオン契約

  サービス料金のご案内はコチラからどうぞ
  


経営改善支援 新日本経営問合せ











Copyright(c)2011-2012 新日本経営コンサルティンググループ All rights reserved.